格安の記帳代行・税理士顧問・経理代行サービスなら銀座セントラル会計事務所へお任せください!
メールでのお問い合わせはこちらから TKC
ホーム 業務内容 お客様の声 事務所概要 よくある質問 セミナー お問い合わせ 採用情報
ホーム > 事務所概要

事務所概要

事務所名
銀座セントラル会計事務所
所長名
角掛 博人
所在地
東京都中央区銀座2-14-1 森山ビル7F
電話番号
03-3549-0749
フリーダイヤル
0120-459-247
FAX番号
03-3549-0748
関連会社
業務内容
◇独立、開業に関する支援業務
◇各種税務に関する業務
◇経理/会計/決算に関する業務
◇経営相談/経営計画策定に関する業務
◇医業に関する税務/会計/決算業務
◇相続税/贈与税に関する業務
◇海外進出支援サポート
◇インドネシア進出展開サポート

経営理念

一、お客様の親身の相談相手であること
二、健全企業のサポートにより社会的貢献を果たすこと
三、行動実践により、成果を生み出すこと

「自利利他」の理念の実践とは

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。
大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。
仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。
同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。
そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。
また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。
世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。
そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。

銀座セントラル会計事務所の五大信条

一、われわれは、企業の正しい防衛と経営発展のため、祈りを込めて奉仕する。
一、われわれは、常に自己の本性を見極め、不断に自分の向上に努める。
一、われわれは、根性をかけて与えられた責任は完遂する。
一、われわれは、自他の幸せのために職場の規律を遵守する。
一、われわれは、無気力を打破し、お互いの団結を強化する。

所長 角掛博人からご挨拶

銀座セントラル会計事務所
代表の角掛博人(つのかけひろと)です。

この会計事務所は、中堅・中小企業向けにコンサルティング業務等を展開しております。我々のビジョンとして、今後閉塞感のある経済環境の中、いかにクライアントの企業が生き残り、そして事業を発展させていくかということを真剣に考え、そして実行していくためのアドバイスをしてまいります。 特に今年度の方針として、海外進出及び展開を踏まえた企業向けのサービスを提供するべく業態開発を行っていきます。 我々の関与するすべての企業様が発展できるようなサービスを提供するべく、全社員一丸となって進んで参ります。今後の我々にご期待ください。

角掛博人 プロフィール

 
昭和41年
岩手県生まれ
平成元年
慶応義塾大学商学部卒業
平成元年
株式会社リクルート入社
平成 7年
税理士試験合格
(法人税法、所得税法、相続税法、簿記論、財務諸表論)
平成 8年
税理士登録(登録番号83739号)
平成 9年
角掛税理士事務所開業(目黒区自由が丘)
平成12年
事務所移転(中央区銀座)

アクセス

 
現地会計スタッフ募集 PT.A&A Indonesia Business Consulting
相続税申告
相続税でお困りではありませんか?
当事務所の「相続診断」「相続申告」を是非ご活用下さい。
各種コンサルティング
企業における様々な問題に対して、当社の専門コンサルタントが親身になって、対応いたします。
経営改善計画
経営計画とはなんでしょうか。金融機関からの信頼を高める経営改善計画の策定をご支援いたします。
海外進出支援サポート
成長著しい海外へ事業展開をお考えの方へ。当社現地パートナー企業が一貫したサービスをサポートいたします。